発毛治療で見違える頭【フサッと増毛レスキュークリニック】

頭皮を気にする男性

豊富なタイプ

悩む男性

「薄毛」と聞くと、何だか中年男性のイメージが思い浮かぶ人もいるかもしれません。確かに、中年男性のなかには薄毛に悩んでいる人も少なくないでしょう。しかし、薄毛に悩んでいるのは40代、50代などの中年男性だけではありません。20代、30代といった比較的若い世代の人でも薄毛に悩む人はいます。
このように、薄毛は中年男性だけに起こるものではないのです。では、薄毛はどうして起こってしまうのでしょう。ここでは、薄毛を招く脱毛症の種類についてご紹介します。

脱毛症にはさまざまな種類がありますが、そのなかでも男性に見られる脱毛症として多いのは、AGAだといわれています。AGAとは「男性型脱毛症」のことで、男性ホルモンの異常や過度に溜まるストレス、親からの遺伝などが原因で起こるとされています。この脱毛症が発症するのは思春期を過ぎた後だといわれているため、早い人では20代ぐらいからAGAになってしまう人もいるでしょう。
AGAの脱毛タイプには大きく分けて3つの種類があり、「M型」や「A型」、それから「O型」があります。M型はこめかみの辺りから徐々に髪の毛が抜けていくタイプです。普段あまり目につかない部分から少しずつ抜けていくため、自分では気づかないというケースが多いことが特徴です。気づいたとしても、症状が進行してからということもあります。
A型は、額の上にある部分から徐々に髪の毛が抜けてしまタイプのAGAでしょう。一般的に、このタイプの抜け方は東洋人に多いといわれています。A型と呼ばれていますが、アルファベットのUを反対にしたような形に見えるということから、U型タイプといわれることもあります。
最後のO型は、頭頂部から髪の毛が抜けてしまうタイプのAGAです。鏡に映らない部分から徐々に抜けていってしまうため、このタイプも人にいわれてから気づく場合が多いようです。

他にも、脱毛症の種類として円形脱毛症が挙げられます。円形脱毛症は頭に生えている髪の毛のうち一部分だけが抜けてしまうという脱毛症です。10円玉くらいの大きさの脱毛が複数箇所にできる場合もあるでしょう。原因としては、ストレスなどが関係しているといわれています。

このように、脱毛症にはさまざまな種類があります。薄毛に悩まされている人は、自分がどの症状に当てはまっているのか、どの脱毛症に当てはまるのか確認してみてはいかがでしょう。原因が分かることで、対策もより的確に行なえるようになります。
これらの脱毛症は、専門クリニックなどで行なわれている発毛治療で改善させることができます。発毛治療では、一人ひとりに合った治療を行なってくれるため、きっとあなたの薄毛も治すことができるはずです。薄毛を直したいという方は、ぜひ一度発毛治療を受けてみてはいかがでしょう。